BIGLOBEモバイルの意外なデメリット?メリットだけでは見落としてしまう疑問を調べまくってみた

BIGLOBEモバイルの口コミなどを見ているとメリットや良い評価ばかりが目立ちます。
 
でも実際のところはどうでしょうか?
 
メリットにばかり目を惹かれ、意外なデメリットに気付かないことって、本当に多いです。
 
そんな失敗をしないためにも、私がしっかりと調べ、どんなデメリットがあるのかお伝えしますので、もし購入に迷っている方は参考にして見てください。
【BIGLOBEモバイル】初期費用0円&音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(2/3まで)

BIGLOBEモバイルのデメリット一覧

エンタメフリー・オプションを使うと動画を高画質で視聴できない

もともとYoutubeやU-NEXTなどの動画はデータ通信をかなり消費するので、格安SIMで動画を観たり音楽を聴く場合は低画質、低音質モードで視聴しなければならないデメリットがあります。

なので動画を高画質で長時間見たい人には、そもそも格安SIMは向いていません。

でもBIGLOBEモバイルにはエンタメフリーオプションがあり、低画質、低音質モード前提でデータ通信の消費なしで動画を見放題にできちゃうんです。

せっかくYoutubeで面白い動画を見ている時に動画が途切れ途切れになるとイラッとしますよね?

だからエンタメフリーオプションなら、最後まで気兼ねなく動画を見れるので、例えば月末になると映画が途中で観れなくなった、なんて悲劇(笑)もなくなります。

そんな状態なので、私はデータ量の少ない最低画質モードにして、動画の途切れを最小限にして視聴しています。

また、音楽の場合も低音質モードで聴くのを推奨されていますが、動画に比べて音楽は通信量が少なく、音質の劣化もほとんど感じないので、定額制の音楽配信サービスを利用している人にとっては、音質に強いこだわりがないなら、デメリットを感じさせないオプションと言えるでしょう。

低画質モードならサクサク観れます
  • 動画は低画質で観るのが前提のオプション
  • 定額制の音楽配信サービスには相性バッチリ

BIGLOBEモバイルに乗り換えるとキャリアメールが使えなくなる

基本的に、3大キャリアから格安SIMに乗り換える場合は、どこの会社の格安SIMを選ぶにしても、今までドコモやau、ソフトバンクスマホで利用していた

  • ~@docomo.ne.jp
  • ~@ezweb.ne.jp
  • ~@softbank.ne.jp

等のキャリアメールは使えなくなるデメリットがあります。

でも実はBIGLOBEモバイルは、専用の” ~@biglobe.ne.jp ”というBIGLOBEのキャリアメールが無料で付いていて、メール保存容量は最初から5GB分を使えるようになっています。

キャリアからBIGLOBEモバイルに乗り換えるデメリットとしては、

「キャリアメールアドレスの変更を知人などに知らせる必要がある」

こと位で、” ~@biglobe.ne.jp ”のメールアドレス自体が新しいキャリアメールとして使えるので、キャリアメールしか登録できないサービスにも利用することができます。

キャリアメアドが変わる唯一のデメリット
メールアドレスの変更を知人等に知らせる必要がある

BIGLOBEモバイルは初期費用がかかる

BIGLOBEモバイルに発生する初期費用は以下の通りです。

BIGLOBEモバイルに発生する初期費用
  • プラン申込手数料 3,000円(税別)
  • SIMカード準備料 394円(税別)

ただし、上記の初期費用が無料になるキャンペーンが、2019年2月3日までやっているので、もし初期費用を抑えたいなら今のうちに契約するのも手ですね!

初期費用を無料にするキャンペーンの条件
  • 2018年11月8日以降の申し込みであること
  • 通話SIM、または通話SIMとセットに格安スマホを申し込むこと
  • キャンペーン期間は2019年2月3日まで

MNPを利用する時は12日以上残っている必要がある

キャリアの電話番号を変えずに格安SIMへ乗り換える場合は、MNP(マイナンバーポータビリティ)制度を利用し、移行前のキャリアからMNP予約番号(有効期限は15日間のみ)を取得する必要があります(手数料の平均は3,000円前後)。

しかも、BIGLOBEモバイルの場合、MNP予約番号の有効期限まで12日以上ある事が条件です。

BIGLOBEモバイルを契約したら、3日以内には手続きを済ませないと有効期限切れになり、再度取得に手数料がかかるのがデメリットです。

無駄な手数料は1円でも払いたくないものですので、ここは一気に手続きした方が良さそうですね。

MNPの手続きで気をつけること
BIGLOBEモバイルを申込んでから3日以内にMNP予約番号を取得しましょう!

BIGLOBEモバイルは回線が遅い場合もある

BIGLOBEモバイルに限った話ではありませんが、基本的に格安SIMのシステム自体が、ドコモやauなどの大手キャリアの通信システムの一部をレンタルしてネット回線を提供しています。

そのため、どうしても利用者が多い時には回線速度が遅くなるデメリットがあります。

その分、普段は安い通信費用で利用できるわけですから、通信費の安さより速度重視という人には、そもそも格安SIMを使うべきではないでしょう。

  • タイプD(ドコモ回線)
  • 最大通信速度は下り概ね988Mbps、上り概ね75Mbps、
  • タイプA(au回線)
  • 最大通信速度は下り概ね958Mbps、上り概ね112.5Mbps

利用機器、電波状態、回線の混雑状況、エリアなどによって通信速度は変化します。

回線が遅い時の対処法
  • アンテナの感度の良い場所に移動する
  • 利用者の多い時間帯の使用を避ける

BIGLOBEモバイルは無料通話が付かない

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアには、家族間無料通話や通話定額プランがある場合が多いですが、基本的に格安SIMは通話定額等のプランが無く、通話料は高めなのがデメリットです。

しかしBIGLOBEモバイルには無料通話がつかない代わりに、無料アプリ「BIGLOBEでんわ」があり、ダウンロードするだけで国内通話料金が半額になるんです!

  • 通常の国内通話料▶ 30秒 20円
  • BIGLOBEでんわアプリの国内通話料▶ 30秒 10円

その他、「3~10分以内の国内通話が何度でもかけ放題」のサービスもあるので、

  • 短い時間で多数電話をする方
  • 月に1~2回ていど長電話する方
  • 頻繁に通話する方

など、自分に合ったオプションを選べて、しかもいつでも付けたり外したりできるので、通話状況に合わせて臨機応変にプラン変更できます。

「不在表が入っていたからちょっと宅急便屋さんに連絡したい」

「子供が熱を出したから職場に休みの連絡をしたい」

待ち合わせで「今どこ?」など、

案外ちょこちょこと短い時間で電話する機会って多いですよね?そんな時に私も「3分かけ放題プラン」は重宝します(^^)

BIGLOBEモバイル通話料を安くする方法
  • 無料アプリ「BIGLOBEでんわ」をダウンロードする
  • 利用状況に応じて通話オプションを変更する

BIGLOBEモバイルは1年以内の解約には手数料がかかる

BIGLOBEモバイル(音声SIM)の最低利用期間は1年と決められているので、違約金を払いたくない場合は契約から13ヶ月目までは契約を継続しなければならないデメリットがあります。

ただしデータSIMの場合は最低利用期間が無いので、いつでも解約できます。

でも、これで年間5万円とか、あるいは家族みんなで使ったら年間10万円とか節約できるのだから、急いで解約する理由もないですね。

解約手数料のまとめ
  • 音声通話SIM=13ヶ月間以内の解約は8,000円の手数料がかかる
  • データSIM=最低利用期間が無いので解約金不要
【BIGLOBEモバイル】初期費用0円&音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(2/3まで)

BIGLOBEモバイルのメリット一覧

プロバイダー30年のBIGLOBEで通信品質とサポート力が高い

もともとBIGLOBEは、1986年から30年以上、パソコン通信事業を展開していた老舗企業です。

変化の激しいIT業界で30年も生き残ってきただけのサポート力とノウハウ自体が、通信速度・通話品質安定化に大きくメリットをもたらしているのでしょう。

数年で会社が潰れる世の中、しかも変化の激しいIT業界で30年続くってスゴイ事だと素直に思います。

BIGLOBEモバイルは月額料金が安い

なんだかんだ言って、やはり格安SIMの一番のメリットは、月額料金がキャリアに比べて半額以下に抑えられる事です。

電話はほとんどせず、通信速度も気にしない人なら、格安SIMはドンピシャなサービスと言えます。

電話は通話オプションをつければ安くできるし、インターネットもそこそこ利用するのであれば、6GBプランが一番人気です。

キャリアVS格安SIMの料金比較例
  • BIGLOBEモバイル▶6ギガプラン+通話オプションで月額3,000円前後~
  • 3大キャリア平均▶5ギガプランで月額7,560円~

BIGLOBEモバイルはYoutubeやU-NEXTが見放題

低画質、低音質モードでの視聴が前提ではあるものの、エンタメフリー・オプション(月額480円)に加入すれば、YouTubeやU-NEXTなどの動画サイトが通信料を気にせず楽しみ放題に観れるのがメリットです。

また、エンタメフリー・オプションなら、定額制音楽配信サービスも通信料無しで利用し放題にできます。

BIGLOBEモバイルの複数回線契約ならシェアSIMがお得

家族や夫婦で複数端末使うならシェアSIMがおトクで、例えば将来、子供が独立した時などでも、シェアSIM変更・解約もカンタンにできます。

また、個人でスマホやタブレットなど複数のデバイスを仕様している場合でもシェアSIMを利用でき、契約がシンプルに1つで済み、それぞれの機種でデータ容量を分け合って利用できるメリットがある為、個別にSIM契約するより安く契約できます。

電話番号も機種も今のスマホのままSIMを差し替えるだけ

BIGLOBEモバイルはMNPを利用すれば電話番号そのままで、ほとんどの機種でSIMを差し替えるだけで使えます。

「でも差し替えやMNPって何か難しそう・・・」

って、私も思ってましたが、公式サイトの画面の案内通りにやって、後日渡されるマニュアルを見ればサポートなしでカンタンにできました。

利用可能な機種や他社乗り換え(MNP)の方法

ページの真ん中あたりに書かれています^^

BIGLOBEモバイルはWiFiスポットも使える

全国83,000カ所のWiFiスポットが無料で使えるので、例えば旅先や外出中でWiFiスポットを使えば、パケット代を節約できるメリットがあります。

外出が多い方は、とても便利ですね!

私の場合は、よく行くファミレスや温泉施設に無料WIFIが設置されているので、施設内の食堂で食事しながらゆっくりSNSや動画を楽しみ、半日以上も居座っています。時々店員さんに注意されますが(笑)

BIGLOBEのキャリアメールアドレスが1つ無料

基本的に格安SIMに乗り換えると、どの格安SIMサービスを利用しても、3大キャリアメールは使えなくなります。

しかし、BIGLOBEのキャリアメールアドレスが1つ無料でもらえるので、今後、キャリアメールが必要な状況が出てきた場合でも安心です。

またGメール、Yahoo!メールなど他社WEBメールも使えますので、仕事用、プライベート用に振り分けるなんていう使い方も良さそうですね。

BIGLOBEモバイル公式サイトを見てみる

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円&音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(2/3まで)

【まとめ】通信速度を気にしなければメリットだらけ

実際にBIGLOBEモバイルを使って国内旅行中だった時も、よほどへんぴな場所で無い限り通信が途切れることはほとんどありませんでした。

基本的にBIGLOBEモバイルはドコモやauの回線をレンタルしているので、エリアの広さは問題ないといった印象です。

またエンタメフリーオプションを利用すれば、低画質モードで動画を観る分には、動画も途切れたりせずデータ消費無しで動画サイトを見放題にできます。

このエンタメフリー・オプションが付いているのはBIGLOBEモバイルだけです。

もともと動画はスキマ時間に見る事が多いので、いちいちデータ通信量を気にしなくても思う存分エンタメ動画を楽しめるのが良いですね!

2時間の映画やドラマも最後まで気兼ねなく楽しめるので、肝心な時に通信制限がかかって観れなくなった、なんて事もありません。

音声の場合は動画に比べて更にデータが軽いぶん、定額の音楽配信サービス(Google Play Music・Apple Musicなど)に関しては、速度制限もほとんどかからず、音質の劣化も特に感じませんでした。

3大キャリアメールが使えなくなっても、BIGLOBEモバイル専用のキャリアメールが無料で付いてくるので不便もなく、私の場合はこれで年間8万円以上も節約できたのが最大のメリットです!

これで、自分へのご褒美に服を買ったり、旅行を楽しむ事もできました(^^)

コメントを残す